ウェディングの費用

一般的な結婚式の費用ってどれくらいかかるの?

結婚式の日取りが決まったら、招待状や席次表の準備、新郎新婦が挙式当日に着用する衣装の準備、新婚旅行先を決めるなど、挙式日まで忙しく準備に追われることになります。

一般的な結婚式・披露宴で発生する費用については、相場はどのようになっているのでしょうか。

近年は、結婚式・披露宴のスタイルも変化していて、節約志向が高いカップルが増えていますが、一般的な結婚式・披露宴では、250万円~350万円が相場となっています。これは披露宴の招待客が80人~100人の場合に、かかる費用です。

結婚式・披露宴の費用は、地域によっても格差が生じているようです。
一昔前の時代は、新郎側と新婦側の招待客が合わせて80人~100人と大規模なものでしたが、近年は人間関係が希薄になっていることもあり、職場関係や親戚の人などをほとんど招待しないケースも増えているようです。

近年は40人未満の結婚式・披露宴が全体のうちの約1割を占めており、80人~90人を招待するケースは約12.5%とこちらも減少傾向にあります。

 

フォトウェディングで費用を安く抑えられる

近年は、結婚式や披露宴にあまりお金をかけずに、ごく身内だけで済ませるケースも増えているようです。

一昔前の時代は、結婚とは言えと家の結びつきが重視されていましたが、近年はそのような価値観が次第に薄れていて、夫婦2人の絆を大切にして、親戚や職場関係の人に出席してもらうよりも、日頃から新郎新婦と親交の深い友人や知人、そして家族のみで結婚式を挙げるカップルが増えています。

結婚式場やホテルの挙式会場を利用するカップルが近年は少しずつ減少しており、フォトウェディングやレストランでの披露宴に人気が集中しているようです。

フォトウェディングでは、新郎新婦の結婚記念写真を撮るのが中心ですから、それほど費用をかける必要もなくて済みます。

結婚式で大きなお金を使うよりも、結婚する日は2人の大切な記念日としてごく身内だけで集まって祝福してほしいと考えるカップルが増えていますね。