人気の引き出物

カタログギフトのメリット

結婚披露宴で使われる引き出物といえば、記念品+引菓子というセットが定番ですが、参列者にとっては引き出物の内容は、披露宴の内容と同じくらい楽しみなものといっても過言ではないでしょう。

自分が新郎新婦として、引き出物の「贈り主」となる場合には、参列者が自宅に帰ってからも、良い披露宴だったな、と感じられるよう、参列者に満足してもらえるような引き出物を選びたいものです。

現在の結婚披露宴で使われる引き出物の中で、もっとも人気が高いのは、カタログギフトと呼ばれるものです。
贈り主側からすれば、あれこれ品物に頭を悩ませることなく、予算に応じてカタログを選べばよいので選びやすいですし、贈られる側にしてみても、カタログの中から好みに合う品物を自由に選ぶことができるというメリットがあります。

それに、披露宴から帰るときには、カタログの状態で渡されるので、持ち運びがしやすいというのも魅力です。

ただし、注意したいのは、雑誌などにある程度ジャンルやテイストがあるのと同様、カタログギフトもカタログによって、選べる品物のテイストが決まっているという点です。

そのため、引き出物としてカタログギフトを贈る場合には、年配向け、若い人向け、男性向け、女性向けなど、ある程度参列者の条件に合わせてカタログの内容を選んで贈る必要があるでしょう。

 

こだわりの引菓子

また、記念品と一緒に贈られる引菓子の存在も忘れてはなりません。
引き出物として使われる引菓子は、バウムクーヘンが多いですが、和風の結婚式の場合などは金平糖などが使われることもあります。

どちらも幾重にも重なる層が夫婦円満な将来をイメージさせるということから人気が高くなっているようです。

引き出物に使われる引菓子は、結婚式場と提携しているギフト業者のものを使うケースが多いようですが、最近は引き出物にもオリジナリティを出すカップルも増えているため、デパ地下などで人気の話題のお菓子を引菓子として選ぶケースもしばしばみられます。