引き出物の種類

引き出物と地域差

結婚披露宴などで参列者に渡される「引き出物」。その内容は、記念品と引菓子などで、合計点数は3点など「奇数」で用意されることが良いとされています。

奇数を良しとするのは、偶数の場合「割れる」を連想させるという縁起担ぎが理由ですが、最近は引き出物の品数までこだわる人は少なくなってきたといわれています。

ともあれ、結婚披露宴の記念として欠かせない引き出物ですが、その種類はさまざまです。
最近はだいぶ画一化されつつあるようですが、まだまだ地域によって引き出物の違いはみられます。

たとえば、もともと結婚式を会費制で行うことが多い北海道や、ご祝儀の相場が安い沖縄などでは、引き出物を用意しないという場合もあるのだそう。
反対に派手婚などで有名な名古屋の引き出物は「重くてかさばるものが良い」として、とにかく多くの引き出物が用意される場合もあるのだとか。

そのほかにも、秋田や山形では、引き出物といえば「寝具」が定番となっていたり、新潟では引き出物のメインの記念品や引菓子とは別に、「松の葉」と呼ばれる小さな贈り物を添えることもあるそうです。

鶴亀と紅白のお饅頭が用意されるのは石川県、縁起物の形をかたどったかまぼこが添えられるのは富山県などなど…。
今では地域による引き出物の風習にこだわらないというカップルがほとんどですが、地域による引き出物の定番を調べてみると、驚くほど地域色が豊かなことがわかります。

 

定番の引き出物

しかしながら、現代の引き出物でもっとも定番となっているのは、持ち運びに便利で、参列者の好みにも合わせやすい「カタログギフト」です。

結婚式場で、提携しているギフト業者のカタログを勧められる場合もあれば、一般のデパートやギフトショップなどでも、引き出物用のカタログをオーダーすることができます。

カタログギフトの場合は、参列者の世代や性別、好みなどにあわせてカタログのテイストを変え、引き出物の「贈りわけ」もしやすいという利点があります。