意外な引き出物

カタログギフトのマンネリ化

最近の結婚披露宴で定番の引き出物といえば、カタログギフトと、引菓子にバウムクーヘンなどが人気です。

昔は引き出物は、お皿やタオルなど、かさばったり、重たかったりするものが多く、結婚披露宴帰りの人はみな大荷物で大変でしたが、最近はカタログギフトが流行しているおかげで、披露宴帰りでも荷物をコンパクトにしやすいという利点もあります。

しかし、このようにあまりにもカタログギフトが主流になりすぎていると、どのカタログも似たような品物ばかりで、ちょっとマンネリ感を感じてしまうこともあるかもしれません。

特に、結婚式が多い年頃の場合は、選ぶカタログギフトも似たような価格帯・テイストのものとなってしまうので、せっかく自由に品物が選べるカタログギフトなのに、欲しい品物がない!なんていうことにもなりかねません。

特に、結婚式場と提携しているギフトショップのカタログの場合は、だいたい似たような品物、テイストのものをセレクトしている場合が多いようです。

そこで、同じようなカタログギフトでも他とちょっと差をつけるためには、有名セレクトショップが製作しているカタログギフトや、グルメなど特定のジャンルに特化したカタログギフト、あるいはレジャーやエステ、レッスンなどの「体験」を選ぶこともできるカタログギフトなどを選んでみると、意外性があって喜ばれるのではないでしょうか。

 

オリジナルの引き出物

また、最近は結婚式や披露宴にとにかくオリジナリティを出したいという新郎新婦が多く、引き出物にもこだわって、似顔絵や名前を入れたりする人もいるようです。

しかし、こうした引き出物は確かにオリジナリティがあって意外性もあるのですが、使いづらいし捨てづらい…。もらって困る引き出物ナンバーワンといっても過言ではありません。

もしどうしても、ゲストを驚かせるような意外な引き出物を贈りたいというのであれば、新郎新婦のオリジナルグッズではなく、ゲストの名前などをいれたオリジナルグッズを作ってあげると良いでしょう。
ただし、その場合は一人一人間違いがないようにオーダーしなければなりません。