披露宴

結婚式と披露宴

結婚式というとみなさんはどのようなものを思い浮かべますか?
ウェディングドレスを着てバージンロードを歩くキリスト教式の挙式でしょうか、それとも白無垢を着て三三九度をする神前式挙式でしょうか?
はたまた両親や親せき、友人の前で永遠の愛を誓う人前式挙式でしょうか…?
なかには、結婚式といえば、みんなで乾杯をして、ごちそうを食べたり、ウェディングケーキ入刀などを行う「披露宴」を思いうかべる人もいるのではないでしょうか。

正しくは、結婚式は「結婚を誓う儀式」を指しますから、先にあげたようなキリスト教式挙式や神前式、人前式といったセレモニーが結婚式であり、披露宴は結婚したことをお披露目する場という意味があります。

しかし現代の日本では、結婚式というとキリスト教式挙式や神前式、人前式などのセレモニー後に披露宴へと続いていくことが多いので、結婚式といえば挙式+披露宴を合わせたものという考え方をする人も少なくないのです。

結婚式や披露宴を行う意味

結婚式と披露宴は別々の意味をもつ集まりという風に考えると、予算の都合や、新郎新婦本人の希望などがあれば、必ずしも挙式と披露宴をセットで行う必要はありません。

結婚式と披露宴は別日にして、結婚式には家族とごく近しい人たちのみ、披露宴はより多くの人たちで改めて行うのもよし、婚姻届けの提出をもって結婚の誓いとし、特別な結婚式は行わずに結婚したことを報告するための披露宴のみを行うのでもよし、なのです。

特に最近は結婚に対する考え方がかわりつつあるため、結婚式や披露宴をやるかやらないかは、新郎新婦やその家族の考え方次第で自由にすることができるといえるでしょう。

結婚式や披露宴をするメリットとしては、結婚式の場合は「結婚」という人生の節目をしっかりと記憶に残すことができるということがありますし、披露宴の場合なら、結婚したことや新しく家族に加わる相手のことについて、家族や親せき、友人などにしっかりと知ってもらえるということがあります。