神前式挙式

人気高まる神前式

結婚式と言えば、純白のウェディングドレスに身を包んでバージンロードを歩くキリスト教挙式が多いですが、近年は日本の伝統的な結婚式のスタイルである「神前式」の人気が高まりつつあります。

神前式の人気が高まっている理由には、普段着ることができない白無垢などの和装を楽しめるといったことのほかに、年配の人にも受け入れられやすいなどの理由があります。
藤原紀香さんなど、神前式で式を挙げている芸能人も意外と多いことなども影響しているのかもしれません。

さて、最近の結婚式と言えば、キリスト教式が多いので、あらためて神前式の結婚式というとどういった流れなの?という人も多いかもしれません。

 

神前式挙式の流れ

神前式では、まず斎主・巫女に先導された花嫁行列が本殿・御社殿まで進む「参進の儀」からはじまります。この時、音楽は雅楽が演奏され、厳かな雰囲気が漂います。

斎主・新郎新婦・仲人・親・親族が入場し、神前に向かって右側に新郎、左側に新婦が座ります。その後、一同が起立する中、斎主による修祓(おはらい)が行われ、斎主によって神前に結婚の報告が行われます。

祝詞奏上と呼ばれるこの儀式が終わった後は、新郎新婦が永遠の契りを結ぶための三三九度が行われ、大中小3つの盃でお神酒をいただきます。
神社によっては、この後巫女による神楽奉納が行われ、その後新郎新婦による誓詞(誓いの言葉)奏上を行います。

新郎新婦による誓詞と書きましたが、ほとんどの場合は新郎が行います。
新郎の最大の見せ場ともいうべき場面です。誓詞奏上のあとは、新郎新婦が神前に玉串をささげる「玉串奉奠」、つづいて仲人夫妻と両家代表による玉串奉奠が行われ、続いて指輪交換、親族杯の儀(親族が順にお神酒をいただく)が行われていきます。

これらの儀式は、だいたい30分から1時間程度かけて行われ、最後は斎主による結婚の儀終了の挨拶によって締めくくられます。

難しそうな名前が付けられた独特の所作が多く「うまくできるかな?」と心配になる新郎新婦も多いようですが、式の前には事前に斎主や巫女さんが所作について教えてくれますし、式中でもきちんと指示してくれますから安心です。