結婚式の準備

半年くらい前までにやっておくべきこと

交際している相手と長く続き、これからの人生をずっと共にしたいと思ったら、プロポーズをするでしょう。
長く交際している相手なら、きっと受け入れてくれるかと思います。

無事にプロポーズを受け入れてもらったら、今度はお互いの両親に挨拶をしに行かなければなりません。なるべく良い印象を持ってもらえるように、清潔感のある服装で行き、笑顔ではきはき話しましょう。

お互いの両親の了承を得たら、今度は式場選びや両家の顔合わせなどを行います。
顔合わせの際に結納も併せて行うケースが多いです。エンゲージリングやマリッジリングもこのタイミングで購入しましょう。

2人でじっくりと選ぶのがいいです。式場も良さそうなところをいくつかピックアップして、下見をしてから決めましょう。

また、仲人を立てないで結婚式を挙げるカップルが最近では多いですが、仲人を立てる際には、式の半年くらい前までに打診しておきましょう。
招待客リストなども、半年くらい前を目途に作っておくといいです。

 

挙式まで3ヶ月を切るとやることがたくさん

結婚式まで半年から4ヶ月前くらいまでは、やることが多くても、まだ時間的余裕があります。しかし、式まで3ヶ月を切るくらいの時期になると、かなり忙しいです。まず、招待状を作成しなければなりません。

2次会に関することも、3ヶ月前くらいに決めておきましょう。
料理のメニューや映像作成の依頼なども、このくらいの時期に決めます。

2ヶ月くらい前になったら、招待状を友人や上司、同僚などに送付します。

引き出物も決めておきましょう。そして披露宴の司会者を決めて、どのような流れで行うのか具体的に決定します。

1ヶ月前になったら、ヘアメイクのリハーサルや挙式のリハーサルを行います。
招待状の返信を確認して、ゲストの出欠や人数を確定させましょう。

そして、席次表を作成します。あまり時間的余裕がないですが、慌てて名前の字や肩書きなどを間違えてしまわないように注意しましょう。
挙式の直前には新婦はエステなどでメイクアップしてもらうといいです。